BLOGブログ
  • 2020/12/30

    【5G時代】企業CMの価値はこれからどう変わる?

    【5G時代】企業CMの価値はこれからどう変わる?

    2020年に入り、5Gが急速に普及していく世の中ですが、今まで以上にインターネットが普及していくにつれて、様々な情報が「より早く」「より多く」「より手軽」にどこでも手に入れる事ができる時代になりました。
    そこで、企業としてどう価値を上げていけるのかを広告という観点から見て解説していきます。

     

    企業のCM価値を高める「5G」とは?

    企業のCM価値を高める「5G」とは?

    「そもそも5Gとは何か?」現在主流となっている4Gと比べて簡単に説明していきましょう。

    4Gなら10秒かかるデータ通信も5Gであれば0.1秒未満、一瞬で終わる計算であり、コンテンツの表示やダウンロード時における「待つ時間」が限りなく少なくなります。

    4Gでは10msの遅延がありますが、5Gでは1msに改善されます。
    そのため、音や画像がズレることが少なくなり、違和感なくYoutubeや映画鑑賞などを楽しむことができます。

     

    企業のCMはこれからどう変わっていくのか?

    企業のCMはこれからどう変わる?

    これまでのCMは主に、テレビCMなどが一般的でした。
    しかし、ここ数年の視聴デバイスはテレビからスマホに変わり始めてきました。
    そのため、企業のCMもスマホで見られるという事を意識して5Gの高速大容量通信をもっと活用することが大切になってきています。

    動画CMの効果とは?

    動画は、写真と比べて視聴者に伝えられる情報量がとても多いです。
    そのため、需要が高まってきているのが「動画」を使った広告です。

    ナレーションが入ればより分かりやすく物事が伝わり、お肉が焼ける”ジュージュー”という音が入ればより想像力を搔き立てる事ができます。
    さらに、音楽も明るいイメージや落ち着いた雰囲気など、商品やお店のイメージにあったものを使うとより効果的に伝わります。

    そして動画は写真と違い 過度な加工ができないため、よりリアルに視聴者に伝える事ができます。
    そのため、店舗や施設の紹介では、自分がその場へ行っているかのように視聴者が疑似体験できる効果もありますので「自分も行ってみたい、やってみたい」という気持ちをかきたてます。

    より詳しく知りたい方は、こちらをご覧になってみて下さい。
    【効果絶大】企業動画を作るメリット5選

    企業のPRはこれから動画が増えていく?

    5Gによる通信環境により、動画はさらに日常的なコンテンツになっていくでしょう。
    近年では、TwitterやFacebook、InstagramなどのSNSでも動画コンテンツが増えており、15秒の短い動画をアップして楽しむ「TikTok」は若い世代を中心に人気です。

    企業の広告に限らず、個人ユーザーでさえも「動画」中心の発信が盛んになってきました。
    そのため、企業によるweb動画広告はより一層増えていく事でしょう。

     

    企業CMのクオリティーをより高めるためには?

    企業CMのクオリティーをより高めるには?

    これからの時代は動画によるCMが増えていくと伝えました。
    しかし、逆に考えれば動画CMが増える=動画CMが溢れかえるという事になってしまいます。

    ですので、何も工夫せずに動画CMを作ってしまうと、人目につかず埋もれてしまう結果となることが考えられます。
    よって、ただCMを作ればいいという訳ではないのです。

    そのためにこれからの時代は「分かりやすく」「より人目につく」「クオリティーの高い」「他社とは違った」企業CMが必要になります。
    では、他社と差別化するために企業CMはどういった工夫ができるのかご紹介します。

     

    ①ドローンでの空撮

    近年よく耳にするようになったドローンでの空撮は、とても人の目につきます。
    普段の生活では絶対目にできないアングルからの映像なので、迫力と臨場感がありオススメです。

    また最近では、安価で手に入るという事もあり、ご自分でフライトさせて撮影も可能です。
    その場合は、航空法でドローンの法律がありますので、法律違反にならないよう十分安全などに配慮して行いましょう。

     

    ②スタビライザーを使っての動画撮影

    最近はスマホで高画質の動画が撮影できますが、1つ問題なのが手ブレです。
    動画のクオリティー1つで企業イメージというのは大きく左右されるので、手ブレが酷かったりすると企業ブランド自体が落ちかねません。※演出上の手ブレは除きます。

    そんな時に使われるのがスタビライザーという、手ブレを少なくする撮影機材になり
    テレビドラマや映画のように映像を滑らかに撮影する事が可能になります。

    このスタビライザーを使う事で、見ている人は疲れずに動画を見る事ができ、最後まで視聴してくれる人が多くなります。

     

    ③アクションカム

    アクションカムという言葉は聞きなれないかもしれませんが
    GoProのような小型で軽量かつ、耐久性に優れたカメラの事を、アクションカムと呼びます。

    アクションカムでできることの特徴の1つは水中撮影です。
    水に水没させても撮影ができるので、また少し違った映像表現が可能です。
    そして、臨場感のある映像も特徴の一つです。
    例えば山登りをしている時に、頭に装着して撮影すれば、実際に自分が山登りをしているかのような映像表現が可能です。

     

    福井で企業CMを作るならThinkへ!

    企業CMを作るならThink
    福井市高木中央にあるThink株式会社は、プロの動画クリエイターが在籍しております。
    弊社は福井だけではなく北陸地方全域で案件を承っており、様々な撮影を致しております。

    お客様との細かいヒアリングを通し、お客様のご予算に合わせた最適な提案でのサービスを提供しており、お客様のお仕事の手助けになることをモットーとしております。

    まずは、こちらからお気軽にご相談くださいませ。

     

     

     

     

     

CONTACT

実績に関するお問い合わせ、
案件のご依頼やご相談はこちら