BLOGブログ
  • 2020/06/16

    モデルオーディション向きの服装は?審査員の好印象を得るポイント

    モデルオーディション向きの服装は?審査員の好印象を得るポイント

    モデルにとって、オーディションはもっとも大切なイベントです。

    オーディションで選ばれるためには、どのような服装で行けば良いのでしょうか。

    審査員に好印象を与える服装やコツについて解説します。

    モデルオーディション向きの服装!おすすめポイント

    ハンガーにかけられたTシャツ

    モデルオーディションには、特別おしゃれな服装で行く必要はありません。

    オーディションでは「おしゃれかどうか」ではなく、「クライアントが描くイメージにふさわしいか」がチェックされます。

    まずは、クライアントが求めているイメージをつかむことから準備を始めましょう。

    企業モデルなら、企業の公式サイトや過去の合格者の写真などをチェックして、どのようなイメージを求めているのか研究します。

    雑誌やファッション系なら、アクティブ系なのかエレガント系なのか、また、カジュアル系なのか把握しておきましょう。

    何よりも大切なのは清潔さ

    どんなイメージが求められている場合でも、服装に清潔さがなければ、オーディション通過は厳しいものとなります。

    たとえグランジ系のファッションブランドのモデルオーディションであっても、カジュアルな中にも清潔な雰囲気がなければ、審査員に好感を持ってもらうことは困難です。

    また、クライアントが描くイメージの範囲内で、自分らしさや長所をアピールすることも大切です。

    たとえば、脚が長いのなら、嫌みのない程度に美脚を際立たせる服装を選ぶようにしましょう。

    オーディションに出かける前に、全身鏡で次の3つのポイントをクリアしているか確認してください。

    <オーディションに出かける前のチェックポイント>

    1. クライアントが求めるイメージに近い服装か
    2. 清潔感があるか
    3. 個性や長所をアピールできる服装か

    モデルオーディションにこの服装はダメ!NGポイントも知っておこう

    赤いハイヒール、サングラス、化粧品

    反対に、以下のような服装は、モデルオーディションにふさわしいとは言えません。

    <オーディションにふさわしくない服装>

    • 不潔感のある服装
    • 露出が多い服装
    • 派手過ぎる服装
    • アクセサリーのつけすぎ(できれば何もつけないほうが好ましい)

    オーディションには、清潔かつシンプルで、誰もが好感を持てる服装がベストです。

    どんなに華やかなファッションブランドのモデルであっても、オーディションのときに華やかすぎる格好をする必要はありません。

    オーディションでは、モデルとしての素材の良さと、求められているイメージを正確に把握していることがチェックされます。

    過度な装飾は不要なので、出かける前に今一度服装を見直しましょう。

    モデルオーディション用の服装を整えたら!Thinkにエントリーを

    モデルオーディション用の服装のイメージはできたでしょうか。

    求められているイメージをしっかりと把握した上で、シンプルかつ清潔感がある服装を身にまといましょう。

    モデル事務所に登録していると、男性・女性を問わず、あなたに適したオーディションを紹介してもらえます。

    福井、石川、富山にお住まいの方は、北陸三県を中心に事業展開している、私たちThink(シンク)株式会社にエントリーしてみてはいかがでしょうか

    モデルオーディションの服装は無理せずあなたらしさを表現するものを

    モデルオーディションは、あなたらしさを表現する場でもあります。

    清潔感のあるシンプルな服装で、あなたの魅力を最大限にアピールしてください。

    弊社のモデル事業に関心がある方は、お気軽にお問い合わせください!

CONTACT

実績に関するお問い合わせ、
案件のご依頼やご相談はこちら