BLOGブログ
  • 2020/01/22

    ユーチューバー(YouTuber)起用で企業PRをするメリットとは

    ユーチューバー(YouTuber)起用で企業PRをするメリットとは

    ユーチューバー(YouTuber)は、テレビや雑誌などでも注目されている職業です。

    現在、ユーチューバーに自社製品やサービスなどの企業PRをしてもらうことが効果的なマーケティング手段として注目されています。

    ユーチューバーに企業PRをしてもらうメリットについてまとめました。

    ユーチューバー(YouTuber)とは

    「毎日7時に配信中」という札で告知するユーチューバー

    ユーチューバー(YouTuber)は、動画共有サービスYouTubeにて自作動画を公開して広告収入・収益を得ている生活している人、または組織のことです。

    トップユーチューバーはYouTube(ユーチューブ)上だけでなく、CMやTV番組まで活動の場を広げているので、YouTubeを見る習慣がない人でも一度は目にしたことがあるかと思います。

    YouTube上で活躍する多くのフォロワーをもつユーチューバーは、インフルエンサー(他者の購買行動や世間に与える強い影響力を持つ人物)とも呼ばれています。

    ユーチューバーに企業PRをしてもらうメリット

    ユーチューバーを使うメリット
    YouTubeやInstagram、Twitterなどソーシャルメディア上で影響力のあるインフルエンサーに企業PRをしてもらい情報拡散や口コミを生むマーケティング手法、「インフルエンサーマーケティング」が注目されています。

    ユーチューバーもインフルエンサーであり、インフルエンサーマーケティングのビジネスパートナーとして、仕事を頼む企業が増えています。

    ユーチューバーを起用したインフルエンサーマーケティングには、5つのメリットがあります。

    ユーチューバーの膨大なフォロワーにアピールできる

    ユーチューバーの膨大なフォロワー
    ユーチューバーを起用したインフルエンサーマーケティングの最大のメリットは、起用したユーチューバーの抱える膨大なフォロワー(ファン、視聴者)に、自社製品やサービスの情報をアピールすることが可能なことです。

    日本の人気ユーチューバーランキング上位であるヒカキン(hikakin)さんは、動画登録者数はおよそ1,500万人(運営している4つのチャンネル登録者数の合算)。

    Fischer’sさんは、およそ820万人(運営している2つのチャンネル登録者数の合算)のフォロワーを抱えています。

    自社だけで膨大なフォロワーを集めることは、果てしない時間と手間が必要であり簡単にはいきません。

    ユーチューバーを企業とタイアップさせることは、手間と時間を削減できるだけでなく、動画の再生回数と拡散力が期待できます。

    CMより安価で宣伝できる

    予算が節約できたCM放送には、放映費と製作費がかかります。

    私どもThink(シンク)株式会社がホームとする北陸地方(福井・石川・富山)のテレビ局では、短期間15秒スポットCMを放送するためには最低限で約30万円以上の放映費が必要とされています。
    福井県のテレビCM放送予算
    富山県のテレビCM放送予算
    石川県のテレビCM放送予算
    出典:テレビCM.jp

    CMに使う映像の製作費はさらに別途かかるので、予算の上限を意識せざるを得ない中小企業にとって、ハードルの高さは問題点になります。

    全国枠のCM放送となると、更なる高額の放映費と制作費が必要になります。

    ユーチューバーを起用したインフルエンサーマーケティングでは、YouTubeの投稿自体は無料なので多額の放映費は必要ありません。

    しかもYouTube上での配信は、日本全国だけでなく世界からも閲覧可能です。

    インターネットが発達しソーシャルメディアが普及する以前、福井・石川・富山の地方が全国に企業PRをすることは困難でした。

    しかし、現在はインフルエンサーマーケティングを行い企業PRすることで、地方でも新たな販路の可能性を得ることが可能になったのです。

    詳細なターゲティングが可能

    詳細なターゲティング

    インフルエンサーマーケティングでは、詳細なターゲティングができます。

    テレビCMや新聞、雑誌などの企業PRでは、メディアごとの購読者全体という大雑把なターゲティングであり、本来届けたい人に情報を届けにくい状態でした。

    しかし、YouTubeやInstagramなどソーシャルメディアでは、年齢や性別、興味関心など詳細なターゲティングで配信することが可能なため、無駄な広告費を使わず、かつピンポイントに情報を届けられます。

    YouTubeの影響力が全世代に強くある

    全世代に影響力のあるYouTube

    YouTubeは、全世代で68.7%の人が利用するソーシャルメディアです。

    10~30代の利用率は約9割と、ほとんどの人が利用しています。
    総務省の「情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査」

    <出典:総務省情報通信政策研究所「情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査」主なSNSの利用率・全体・性年代別

    また、ソーシャルメディアの中でもYouTubeの利用率はとびぬけており、ほぼ全世代のターゲティングが可能です。

    動画制作から投稿までおまかせできる

    動画制作から投稿までおまかせ
    CMや企業PRをするには、まず動画を作る必要があります。

    ユーチューバーを起用すれば、動画制作から投稿までお任せすることができます。

    ユーチューバーはYouTubeの中で多くのフォロワーを獲得しているYouTubeのプロです。動画制作の技術をもっています。

    また、例え万人受けしない動画であっても、自分のフォロワーに対して訴求力の高い魅力的な動画制作が可能なため、多くのエンゲージメント(再生数、高評価など)が期待できます。

    ユーチューバーを起用したインフルエンサーマーケティングの注意点

    スマホのカメラでYouTubeチャンネルを撮影する女性

    インフルエンサーマーケティングでユーチューバーを起用する場合、人気だけを見るのでなく相性で選びましょう。

    アピールしたい商材とユーチューバーの相性がよくないと、どれだけフォロワーの多い人気ユーチューバーであっても、フォロワーからの反応は期待できないからです。

    コスメのPRをゲーム実況が専門の人気ユーチューバーが投稿しても、ゲーム実況を視聴したいフォロワーからすると興味ないですよね。逆でも同じことが言えます。

    また、ユーチューバーに作成してもらった動画は、必ず投稿前にチェックするようにしましょう。

    いくらYouTubeのプロ、ユーチューバーであっても、動画内容によっては炎上(ユーザーが不快感を抱きコメント欄が荒れる等して自社の評判が落ちたりします)する可能性もあります。

    私どもThink(シンク)株式会社では動画制作・編集を行っており、動画撮影から音声やエフェクト、字幕(テキスト)合成加工、演出のご相談などを行い、お客様の思い描く動画を作るお手伝いをいたします。

    「ユーチューバーに全て任せるのは不安」という方は、お気軽にご相談ください。

    Thinkは人気ユーチューバーのキャスティングも可能

    タブレットでYouTubeを見ている男性
    ユーチューバーを起用したインフルエンサーマーケティングは、今の時代には欠かせない広告掲載方法です。

    Thinkの東京オフィスでは、東京での確固たるコネクションから、人気Touruberのキャスティングも対応し、お客様の求める人材のご紹介から契約、そして本番まで行っております。

    企業PRにユーチューバーを起用したインフルエンサーマーケティングをご検討されている方はこちらからお気軽にご相談・お問い合わせください

CONTACT

実績に関するお問い合わせ、
案件のご依頼やご相談はこちら