BLOGブログ
  • 2020/01/20

    インフルエンサーを使った地方企業の新たなPR方法とは

    インフルエンサーを使った地方企業の新たなPR方法とは

    SNSをはじめソーシャルメディアの普及により、インフルエンサーを宣伝やPRに活用したマーケティングが現在最も注目を集めています。

    インフルエンサーマーケティングで今までにない宣伝効果を得られる可能性があります。

    注目のインフルエンサーについて説明します。

    インフルエンサーとは

    ネット配信中の女性インフルエンサー

    インフルエンサー(influencer)とは、「他者の購買行動や世間に与える強い影響力を持ち、行動を行う人物」のことを指します。

    インフルエンサーには、著名人もいれば一般人もいます。

    以前は、テレビや雑誌などのメディアに出演しているモデルや芸能人、著名人やスポーツ選手がインフルエンサーと呼ばれていました。

    インターネットが発達し、InstagramやTwitter、YouTubeといったソーシャルメディアの発展と普及により、誰もがソーシャルメディアを始められる環境となり、一般人でも優れた情報を提供することが可能となりました。

    インフルエンサーの影響力はどんどん大きいものとなっています。

    人気インスタグラマーがソーシャルメディア上だけでなく、テレビCMやを行っているのも見かけるようになりました。

    インフルエンサーの種類

    スマホを操作する男性インフルエンサー

    インフルエンサーは、活躍するソーシャルメディアによって呼ばれ方が変わり、それぞれの特徴があります。

    • Blogger(ブロガー)
    • ブログで日記やコンテンツを配信し、多くの人からページ閲覧数を得る

    • Youtuber(ユーチューバー)
    • 動画共有サービスのYoutubeで多くのチャンネル登録者数をもち、多くの閲覧数を得る

    • Instagrammer(インスタグラマー)
    • 写真共有サービスのInstagramで多くのフォロワーをもち、拡散力が期待できる

    • TikTokker(ティックトッカー)
    • 動画共有サービスのTikTokで多くのフォロワーをもち、拡散力が期待できる

    企業PRを宣伝したいユーザーがよく利用するソーシャルメディアで、活躍するインフルエンサーを選ぶとよいでしょう。

    インフルエンサーによって広告効果は変わる

    片手にSNSの「いいね」を大量に持つサラリーマン

    インフルエンサーは、フォロワー(インフルエンサーの言動をチェックしている人・ファン)の数、ユーザーへの影響力の大きさによって呼ばれ方と特徴があります。

    宣伝したい企業PRを「誰に」「どのような反応をしてもらいたいか」は、インフルエンサーの影響規模で選ぶとよいでしょう。

    • メガインフルエンサー
    • メガインフルエンサーは、100万人以上のフォロワー数をもち、芸能人やモデルなどが多いです。

      世間への知名度が高く影響力が大きいため、世間への圧倒的な拡散力をもちます。

    • ミドルインフルエンサー
    • ミドルインフルエンサーは、10~100万人未満のフォロワー数をもち、ファッションや美容など特定ジャンルで活躍している人が多いです。

      テレビ出演がなくてもSNSなどのソーシャルメディア上での認知度が高く、特定の分野での拡散力が期待できます。

    • マイクロインフルエンサー
    • マイクロインフルエンサーは、1~10万人未満のフォロワー数をもち、事務所に所属している人や一般人までと幅広く、ジャンルに特化した人が多いです。

      メイクやゲーム実況などの分野に特化した投稿を行うため、「いいね!」やコメントなどフォロワーからのエンゲージメントが高いのが特徴です。

    • ナノインフルエンサー
    • ナノインフルエンサーは、数千人から1万人以下のフォロワー数をもち、学生や趣味、社会人サークルなど共通の趣味を持つ一般人が多いです。

      マイクロインフルエンサーより狭い範囲になりますが、料理やファッションなどの情報やプライベートが見えてくる投稿をするため、親近感をもちやすく一定層に影響力を持ちます。

      広報・PRすれば高い効果が期待できます。

    • ライトインフルエンサー
    • ライトインフルエンサーは、1,000~1万人のフォロワー数をもち、交友関係が広くユーザーから支持を得ている一般人が多いです。

      フォロワー数は少なく情報を届ける力は上層インフルエンサーに劣るものの、フォロワーとの距離感が高いのでエンゲージメントが高いのが特徴です。

      話したことがない芸能人よりも、家族や友達、職場の人たちから聞いた話や口コミの方が信じやすいという感じです。

    地方だからこそインフルエンサーを企業PRに使おう

    インフルエンサーを使用した企業PRや宣伝は、多くのメリットを得られます。

    私たちThink(シンク)株式会社がホームとする福井・石川・富山では、少し前まで地方から全国に企業情報をPRするには、新聞広告やテレビCMくらいしか方法がありませんでした。

    多額の広告費が必要で、宣伝する時間帯や閲覧者層をおおまかに選べるものの、大多数への宣伝形式なため、大きなインパクトはあるが本当に伝えたい人にピンポイントに伝える事は難しい状態でした。

    しかし、インフルエンサーマーケティングは、そのインフルエンサーのフォロワーに情報を届けるため、「誰に届けるか」という点においてポイントを絞って調整可能です。

    また、インフルエンサーの規模によって、よりたくさんの人に情報を拡散したい、一定数の人からの指示を集めたい、など「どのような反応を得たいか」と範囲調整も可能です。

    インフルエンサーを起用することで、テレビCMなどより宣伝コストが抑えられ、動画制作やインフルエンサーの質や量に予算を回すことが可能となります。

    地方だからこそ、インターネットを活用して全国に情報や企業PRをしないともったいないと、私たちThink(シンク)株式会社は考えます。

    Thinkではインフルエンサーのキャスティングが可能

    都会のビルを背景にビジネスマンたちのシルエット

    Think(シンク)株式会社では、キャスティング事業を取り行っております。

    東京オフィスでは、東京での確固たるコネクションをもち、北陸地方で唯一、大手事務所所属タレントやモデル、人気Youtuber、人気インスタグラマーのキャスティングも対応しております。

    お客様のPRしたい内容や規模間などの打ち合わせを行い、宣材にあったインフルエンサーのマッチングから仕事の契約締結までお手伝いいたします。

    また、企業PRに使える動画撮影やドローンによる空撮、スチール写真の撮影も対応しています。

    プロの目からみたアドバイスも可能ですので、お気軽にご相談下さい。

    Think(シンク)株式会社のキャスティングについては、こちらの記事にまとめております。

    キャスティングとは?芸能人やモデルをお探しならThinkへ!

    インフルエンサーの拡散力で広告効果をアップさせよう

     
    世界から特定ジャンルの一定層まで拡散力と影響力をもつインフルエンサーは、今のマーケティング市場から欠かせない存在です。

    インフルエンサーマーケティングを行う事で、今までにない広告効果を得る事ができるでしょう。

    インフルエンサーのキャスティングについて、ご検討されている方はこちらからお気軽にご相談・お問い合わせください

CONTACT

実績に関するお問い合わせ、
案件のご依頼やご相談はこちら