BLOGブログ
  • 2020/01/02

    イベント企画運営には企業目的とターゲットのマッチングが必要

    イベント企画運営には企業目的とターゲットのマッチングが必要

    「自社でイベントを!」と考える経営者や担当者がイベントを実行できていないのは「費用対効果の目途」「自社が考えるイベントは、どこの業者にまかせればいいのか」という理由がよく挙げられます。

    私どもThink(シンク)株式会社は、お悩みを解決し、御社が成果を得られるイベントの企画・運営を実施可能です。

    イベントの企画運営には、企業目的とターゲットのマッチングが必要

    イベント会場の写真
    イベントの企画・運営を進める上で必須なのは、企業がイベントで何がしたいのか?成果は何か?どうなれば成功なのか?」といった、目的の明確化です。

    どれほどの大企業が多額の資金を投入しても、そもそも目的が明確でなければ無意味です。

    ましてや中小企業の場合、資金に余裕があるというケースは珍しいです。誰もが、限られた予算内で最大限の成果を獲得しようと動きます。

    また、イベントの目的が明確化しないと、イベントに来て欲しいターゲットへのアプローチが困難です。

    • 性別・年令(年代)
    • 社会的立場
    • その他、特性
    • ターゲット自身の目的
    • イベント主催者は、ターゲットにどう動いて欲しいか

    などといったターゲティングを細かにおこなうことで、イベント企画・運営に反映することができます。

    イベントの企画運営には、どのようなものがあるか

    イベントは、主催する企業の業種・目的に応じて、種類が変わります。

    以下の表は、一般的なイベントの目的・種類をまとめたものですので、参考にしてみてください。

    社内・外 イベント実施の目的 イベントの種類(例)
    社内イベント
    • コミュニケーションの円滑化
    • 一体感の醸成
    • ビジョンの組織浸透
    • 従業員満足(ES)の向上
    • 従業員のスキルアップ
    • パーティー・懇親会
    • 表彰式
    • 式典・セレモニー
    • 周年イベント
    • セミナー
    社外イベント
    • 商品認知
    • 販売促進
    • 企業PR
    • 顧客開拓
    • 顧客エンゲージメント醸成
    • 新商品発表会
    • PRイベント
    • 展示会
    • フェア・フェスティバル

    「イベント開催!でも集客は充分?」Thinkなら安心です

    集客に困っている人の写真
    社内イベントでしたら、従業員や関係者に告知するだけですので簡単です。

    問題は、社外イベントです。「どのように集客するか」が成否を左右するポイントになります。

    大きな会場を押さえても、「ターゲティングが適切かどうか」「ターゲット層に向けて、告知・宣伝は十分か」の観点が不足していると、予算の無駄づかいで終わってしまいます。

    私どもThink(シンク)株式会社では、イベントの企画・運営と併せ、豊富なマーケティングのノウハウを用いて、集客面でもご依頼主のお役に立ちます。

    マーケティングを主軸に、ターゲットに適した告知をThinkで実施

    ターゲットに効率良く告知・アプローチするには、

    • 性別・年代といった基本情報
    • ユーザーは何を求めているのか?
    • ユーザーに提示できるベネフィット(利益・恩恵)は何か?

    などを追求する必要があります。

    このようなポイントの洗い出しは、単にイベントで終始するものではなく、企業がイベント後も発展していくための試金石となるでしょう。

    イベントを成功にさせたいなら企画運営をThinkにご相談ください

    イベントの成功を主眼とするのはもちろんですが、”それだけ”になってしまうと、一過性のものになってしまいますし、コストパフォーマンスの観点からももったいないものです。

    Think(シンク)株式会社では、イベントの企画・運営から、より成果にコミットするご提案を準備します。

    イベント実施を検討している経営者・担当者様は、まずはお気軽にお問い合わせください。

CONTACT

実績に関するお問い合わせ、
案件のご依頼やご相談はこちら